BLOG ブログ

WVW ゴルフ5 ドアレギュレター交換です。

山梨県甲府市の自動車整備工場「原品自動車工業所」です

おクルマの車検、点検整備、修理はもちろん、県内では数少ない福祉車両事業を自社で行っています。日々の業務を出来る限り分かり易く、ゆる~くご紹介しております(^^)

フォルクスワーゲン ゴルフ5(1KXX)右リアドアレギュレターを交換しました。

お客様より「窓ガラスが途中で上がらなくなったので見て欲しい」との事でご入庫です。

パワーウインドのスイッチを弄ると、「ガッガッガッ」と異音が・・・

窓ガラスは上りも下がりもしません。これはおそらく「ウインドウレギュレター」が壊れたな、と察しました。

お客様に修理内容をお伝えして作業開始。

「ウインドウレギュレター」モーターがワイヤーを動かす事で窓ガラスを上下させる装置です。これのモーターワイヤーなどに不備が生じると、窓ガラスが上がらない、下がらない、途中で止まる、下まで落ちた、等々の症状が出ます。

ドアの中を見ると、レギュレターのワイヤーが外れていました。

これではモーターが空回りするだけでガラスは移動しません。ワイヤーは樹脂製の部品に取付けられているのですが、これが経年劣化でワイヤーとの取付部が破損してワイヤーが抜けた状態になっていました。

残念ながら力が入る部分の破損なので、修復不可で新品交換です。

レギュレターの交換自体はさほど難しくはないのですが、ドアの外側パネルを外すのが若干面倒でした(^^;

ちなみに、この車両はドアの外側パネルを外しての作業ですが、国産車の場合は殆ど中のパネルを外してこの様な作業を致します。

日本と海外の考え方の違いですかね~w

(板金でパネル交換するには、こちらの方が楽でイイけどね)

当店では輸入車の修理も承ります。お問い合わせはまで