BLOG ブログ

ダイハツ ムーブ ステアリングデバイス取付

山梨県甲府市で福祉車両事業の一環として「福祉車両の後付け改造」をしています。

「福祉車両の後付け改造」とは通常の車両に利用する方に合わせ、必要な装置などを後から付ける事で、福祉車両として利用できる様に改造する事です。

今回はダイハツ ムーブ(L175S)ステアリングデバイス(旋回ノブ)とレバースイッチの延長レバーを取付けた事例です。

お客様は左半身に軽い麻痺をお持ち女性の方で、

「クルマの運転は出来るのですが、旋回時のハンドル操作が右腕だけで行うので少し辛いです。ハンドルに付ける旋回ノブがあると聞いたのですが、取付出来ますか?」

との事でご相談頂きました。

直接お話を伺いながら、身体状況を確認し、お話を進めさせて頂きました。

運転操作を確認すると、右腕の筋力も健常の方に比べると少ない事が分かり、言われていた通りハンドルの操作が若干ですが困難な様子が伺えました。

早速当店で取り扱っているBraunAbility社製のステアリングデバイス(旋回ノブ)のデモ機をお客様の車両に取付け試して頂きました。

「今までの操作より全然楽になりました!」

お客様が実感され、取付けをお決めになりました。

ワイパーのレバーを操作するのが難しい事も確認出来たので、ワイパーレバー用に延長レバーも取付けと相成りました。

当店で取り扱っていますステアリングデバイスは画像の様な楕円形や円形など数種類のノブがあり、サイズも様々ご用意しております。

その中から利用される方にフィットしたノブを選んで頂く事が出来るので、安定したハンドル操作が出来る様になります。

おクルマの運転に対して少しの不安、不便がありましたら、お気軽に当店にご相談下さい!