BLOG ブログ

トヨタ ハイエース 車いすリフト車 修理

山梨県甲府市で福祉車両事業の一環として「福祉車両の後付け改造」をしています。

「福祉車両の後付け改造」とは通常の車両に利用する方に合わせ、必要な装置などを後から付ける事で、福祉車両として利用できる様に改造する事です。

当店では介護施設や医療現場などで利用されている車いすリフト車やスロープ車の修理も行っております。

今回はトヨタ ハイエース(THR200改)の車いすリフトの修理です。

送迎用の車両として利用されている介護施設様より

「車いすリフトが可動時にゴリゴリというような感じで移動する。利用者様を乗せる時に何かあっても不安なので見て欲しい。」

との事でご入庫。

早速点検をしたところ、リフトの可動に使われるローラーの部品が劣化しているのが見られたので、交換作業となりました。

この車いすリフトには幾つものローラーが使われているのですが、その大半が樹脂製で出来ています。

経年や利用状況によってローラーの樹脂部が擦り減ったり割れたりして、ガタツキが出たり異音がしたり、最悪の場合、レールから脱落する場合があります。

リフト可動時にこれらのローラーが破損してしまうと、利用されている方にも危険が伴って来てしまいます。

この様な部品は定期的な交換が必要であり、やはり定期的なメンテナンスが事故防止の転ばぬ先の杖となります。

車いすリフトやスロープ車の車検やメンテナンスは当店にお任せください!