BLOG ブログ

スズキ ハスラー 水圧転写でドアミラーカバーをカスタマイズ

山梨県甲府市の自動車整備工場「原品自動車工業所」です

おクルマの車検、点検整備、修理はもちろん、県内では数少ない福祉車両事業を自社で行っています。日々の業務を出来る限り分かり易く、ゆる~くご紹介しております(^^)

当店では、自動車の内装パネルや家電カバーなどに利用される「水圧転写(ウォータートランスファー)」と呼ばれるプリント技法を施工する設備を導入しています。

今回はスズキ ハスラーのドアミラーカバーに水圧転写にてカーボン調をプリントした製品紹介です。

スズキ ハスラーは人気車種ですね。昨年からはモデルチェンジでSUV感がUPしたイメージがありますが、相変わらずの人気ぶりが伺えます。

そんなハスラーのドアミラーカバーに、純正ボディー色にあわせ塗装後、水圧転写にてカーボン調をプリントしたらどうなるか?と検証を致しました。

通常カーボン調の転写ですと、下地(ベース)色は濃厚色を選ぶ事で、転写後の柄が綺麗に映ります。

引き締まったイメージとなるので、人気の施工となっていますが、今回はあえてボディー色の上に転写致しました。

実際に施工したところ、少し離れた所からは普通のボディー色にしか見えないのですが、近くに行くと光の加減でカーボン調が浮き上がって見えて来ます。

キリっとしたイメージのカーボン調ですが、これはこれで浮き上がるカーボン調って感じで面白いのではないでしょうか?(^^)

今回はハスラーのドアミラーカバーに施工してみましたが、ご希望があれば今乗られているクルマのミラーカバーにも施工致します。

そして、さらに当店ではPCデータなどからデザインを作って、世界に一つだけのオリジナルプリントでの水圧転写を施工致します!
ちなみに今回はチェック柄を作製し、そちらもミラーカバーに転写してみました。

チョット人とは違う自分だけのカスタムをしたい。オリジナルの一品が欲しい。などありましたら、水圧転写で作ってみては如何でしょうか(^^)

エスアートラインは原品自動車の板金塗装部門です