BLOG ブログ

日産 キャラバン 車いすリフト修理

山梨県甲府市で福祉車両事業の一環として「福祉車両の後付け改造」をしています。

「福祉車両の後付け改造」とは通常の車両に利用する方に合わせ、必要な装置などを後から付ける事で、福祉車両として利用できる様に改造する事です。

施設や病院などで利用される車いすリフト車やスロープ車の修理も行っております。

今回は日産 キャラバン(DSGE25)の車いすリフトの修理です。

介護施設様より「リフトが上昇、下降中に時折止まる事があるので、修理して欲しい」との事でご入庫です。

症状を確認すると、リフトの上昇、下降中にある一定の位置に来ると止まる事が判明。

この様な症状はリフトへの電源が配線不良によって起こる事が多いので、先ずは配線チェック。

目視で確認出来る所は問題ない様に見えましたが、リフトのアーム部分に入り込む所を弄ると・・・止まった!

この部分はリフトのプラットフォームが上昇下降するのと同期してアームが折れ曲がる所になり、一定の角度になると配線の接触不良をおこしている様でした。

怪しい部分は可動部分なので配線を守る為の被覆とビニールテープにグルグル巻きになっていた為、配線確認の為に被覆をカットして確認すると「ビンゴ!」

やはり配線の断線が確認でしました。原因が判明したので、修理か交換かとなります。

今回は断線が一本だけでしたが、稼働する部分であること、経年劣化で他の配線の断線もありえるので、新品交換と致しました。

この配線はアームの中を通っているので、部品はアームごと一体となります。

交換後は問題なくリフトが稼働する事を確認して納車となりました。

当店では数日お預かりする様な修理でも車いすリフト車、スロープ車の代車をご用意しておりますので、送迎車両の不足を出す事もなく、安心してご入庫が出来ます。

送迎車両の車いすリフト車やスロープ車の修理は当店にお任せください(^^)