BLOG ブログ

レクサス LS セルモーター交換

山梨県甲府市の自動車整備工場「原品自動車工業所」です

おクルマの車検、点検整備、修理はもちろん、県内では数少ない福祉車両事業を自社で行っています。日々の業務を出来る限り分かり易く、ゆる~くご紹介しております(^^)

お客様より「駐車場から乗り出そうとしたら、まったくエンジンが掛からない。バッテリー上がりかも知れないので何とかならないか?」とのご連絡を受けて、現場まで様子を伺いに行きました。

車両はレクサス LS(UFS40)です。

スタートボタンをONするとメーターなど諸々の電装品は可動している様なので、バッテリーではなくセルモーターが怪しいと判断しました。

セルモーターが稼働しない場合、衝撃を与えると一時的に稼働する事があるので、セルモーター(以後セル)を叩こうとエンジンルームから覗いてみてもエキゾーストマニホールドに隠れて全く見えず。

下から見えるかと寝転んで覗いてもアンダーカバーやフレームが邪魔をして、とても叩ける状態ではありません(^^;

駐車場が工場より近い事もあったので、お客様に手伝って頂き、久々に牽引にてご入庫w

何とかリフトアップして電源などを確認する前に先ずは叩く!w おっ!動いたw

やはりセルの不良の様なので一応電源などの確認後、問題ない事を確認したのでセルの交換となります。

交換にはステアリングシャフトや右のエキゾーストマニホールドやらを外さないとセルは出て来ないので、カチャカチャと作業を進めて行きます。

ようやくセルが外れる状態に(^^;

外した後、さらに単体検査もしましたが反応無し。セルの不良確定なので今回はリビルト品にて交換し、問題なく始動する事を確認し作業終了です(^^)

う~ん、流石高級車、セルの交換もややこしいw

高級車や輸入車の車検、修理もお任せください!