BLOG ブログ

日産 エクストレイル 運転席ドアノブ交換

山梨県甲府市の自動車整備工場「原品自動車工業所」です

おクルマの車検、点検整備、修理はもちろん、県内では数少ない福祉車両事業を自社で行っています。日々の業務を出来る限り分かり易く、ゆる~くご紹介しております(^^)

お客様より「運転席のドアノブが壊れて使えないので直して欲しい」とのご連絡。

ご入庫した車両はH24年 日産 エクストレイル(NT31)

運転席のアウタードアハンドル(運転席の外側のノブ)が破損し、運転席ドアが外から開けれない状態になっていました。(中側からは開きます)

このアウターハンドルは樹脂製なので、経年劣化による破損は十分あり得る事です。

部品は硬化剤などで補強も可能ですが、また直ぐに壊れる可能性も大きいので新品交換です。

ドアの内張を外す前にパワーウインドウのマスタースイッチ諸々外します
内張を剥がしたところ
窓ガラスを外す為に左右の目くらシールを取りガラスを止めているネジを外します
ガラスを外しました。落としたりすると割れるので注意しながら安全な所に置いておきます
ガラスを上下するレギュレターは内側パネルごと外れます
レギュレターが抜けたスペースからノブに連結しているロッドを外します
ドア側面の目くらぶたを取るとドアロックの鍵穴部を緩めるネジがあるので軽くなるまで緩めます(ネジは抜けて来ません)
先程のネジを緩めると鍵穴部(キーシリンダー)が手前に抜ける様になります
kき
外したドアノブと新品のノブです
作業はさほど難しくはありません。動作確認して終了です

今回はいつもと少し内容を変えて画像メインにしてみました(^^)

作業時につい画像を撮るのを忘れがちになるので、画像が少ない時は撮り忘れたと思って許してください(^^;

おクルマの車検、点検、一般修理は当店にお任せください!