BLOG ブログ

左アクセル 跳ね上げタイプ(フリップアップ)

山梨県甲府市で福祉車両事業の一環として「福祉車両の後付け改造」をしています。

「福祉車両の後付け改造」とは通常の車両に利用する方に合わせ、必要な装置などを後から付ける事で、福祉車両として利用できる様に改造する事です。

当店では身体に何らかのハンデをお持ちの方が、ご自身でクルマの運転が可能となる様に運転補助装置の取付を致しております。

以前のブログでも左アクセルについては載せていますが、今回は別のタイプの左アクセルのご紹介です。

今までのブログは床置きタイプの事例でした。床置きタイプはピンや蝶ネジなどで装置の取外しが簡単に出来るワンタッチタイプです。(今までの左アクセルブログをご覧ください)

今回は左アクセルの装置でありますが、取外しタイプではなく、「跳ね上げ式(フリップアップ)タイプ」をご紹介。

この「跳ね上げ式」は運転席左側に折り畳み式のアクセル装置を設置し、ワイヤーにて通常のアクセルと連動するタイプの物となります。

健常者の利用時は左にあるアクセル装置を手前に織り込み、左アクセルを利用する時は装置を押し下げる事で、左側にアクセルが出てきて利用できる様になるものです。

一概に左アクセルと言ってもタイプが複数ありますので、利用される方や取付ける車両によって選択する事が出来るのです。

車両との相性もありますが、ご自身に合った装置を選んで頂く事ができます。

左アクセルにご興味がある方や、周りに必要とする方がいる方は当店にお気軽にご相談ください!